岐⾩県地⽅⾃治研究センター

自治研ぎふ

私たちは、地方自治や公共サービスについて考える研究機関です。
調査研究や地方財政を学ぶセミナー、視察などを通して、
岐阜県内の自治体の政策づくりに貢献することを目指しています。
研究者や会員の調査研究を機関誌「自治研ぎふ」で発表するほか、
各都道府県の同じ機能を有するセンターの全国的なネットワークを活かして
情報の共有・交換も行っています。

私たちについて

機関誌「⾃治研ぎふ」

当センターが発行する機関誌「自治研ぎふ」は、1978年6月に創刊し、
調査研究の報告や県内の市町村の動き、その他活動内容などを誌面で紹介しています。
最新号以外は、PDFで内容をご覧いただけます。
機関誌の購入をご希望の方は事務局までお問い合わせください。

第132号 2022年6月15日 発行

詳しくみる

道標

富樫幸一 =岐阜大学地域科学部特任教授/岐阜県地方自治研究センター理事長

報告

自治体職員アンケート調査結果報告書の反響

センター事務局

特集

土岐市図書館利用禁止処分の取消訴訟について

三谷 晋= 岐阜大学地域科学部准教授

自治研ぎふ130号で検討した「自治体における市民からの悪質クレーム等について――アンケートの紹介に関連して」において紹介だけした事案の高裁判決が出たこともあり、地裁と高裁の判決の検討をした。図書館における迷惑行為への規律の根拠として条例ではなく規則でよいのか、よいとしてどの程度まで可能なのか等を検討した。

地域レポート1

民家再生によるにぎわい創出の取組について

土屋雅義 = 関市議会議員

地域レポート2

高山市が取り組むブランド戦略

小井戸真人= 高山市議会議員

地域レポート3

名鉄名古屋本線鉄道高架化事業に関連して

富田耕二 = 岐阜市議会議員

報告

現地研修会「ブラトガシ」を開催して

センター事務局